敏感肌のメイク落としのおすすめ

敏感肌のメイク落としのおすすめ!選び方と使い方のコツ!

 

敏感肌だとメイク落としをすることで肌に大きな負担になることがあります。

 

 

敏感肌でメイク落としが肌に負担が大きいと分かっていてもメイク落としをしないわけにはいきません。

 

しかし、実際にメイク落としで肌トラブルが起きてしまったという敏感肌の方も少なくはありません。

 

敏感肌でも安心して使えるメイク落としを知って、肌トラブルを防いでキレイな肌を目指しましょう!

 

そこで、今回は敏感肌など肌の弱い方におすすめのメイク落としについてご紹介します。

 

また、肌に負担をかけないメイク落としの使い方やポイントも一緒にご紹介しますので、チェックしてみて下さいね。

 

肌に負担をかけないメイク落としの選び方のポイント

 

敏感肌の場合は、極力肌に負担をかけないメイク落としものを選ぶことが大切です。

 

敏感肌のメイク落とし選び方のポイントをご紹介します。

 

界面活性剤が少ないものを選ぶ

界面活性剤は肌への負担が大きいので敏感肌の人は注意しましょう。

 

界面活性剤とは、洗浄力を高めるためにメイク落としに配合されている成分です。

 

この成分が多いとメイクがしっかりと落ちますが、その分肌のバリア機能も奪ってしまいますし、刺激も強くなってしまいます。

 

汚れをきちんと落とすにはある程度必要な成分ですが、敏感肌には刺激が強すぎることがあるので、あまり界面活性剤の量が多くないものを選ぶべきでしょう。

 

メイク落としオイルは最も界面活性剤の量が多いと言われているため、敏感肌には向かないことが多いです。

 

界面活性剤が少ないのはメイク落としミルクやメイク落としクリームです。

 

拭き取りタイプは避ける

服取りタイプのメイク落としは刺激が大きいので敏感肌の人は避けるべきです。

 

界面活性剤不使用のものは水で洗い流すことができないので、コットンで肌に付いた汚れとメイク落としをふき取る方法を行います。

 

また、メイク落としクリームの中にはふき取りタイプと呼ばれるものもあります。

 

拭き取りタイプは肌への摩擦が大きく、敏感肌には非常に刺激が強くなってしまいます。

 

良質なコットンを使っていても拭き取りタイプだとどうしても摩擦が起きてしまうので、できるだけ洗い流すタイプのものを選びましょう。

 

保湿成分が配合されたものを選ぶ

敏感肌の人は保湿成分がたっぷりのメイク落としを選びましょう。

 

敏感肌の方は、メイク落とし後に肌が乾燥するとヒリヒリしたり、赤みが出てしまうこともあります。

 

そのためできるだけ肌を乾燥させない保湿ケアを行うことが大切です。

 

メイク落としの中には保湿成分が配合されていて、洗い流した後の肌の乾燥を防げるものがあります。

 

敏感になっている肌に乾燥による刺激が加えられないように、できれば保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

メイクの濃いアイメイクなどのポイントメイクのメイク落としは別のものを使う

濃いメイク部分は洗浄力の強いメイク落としを使いその部分は刺激の少ないメイク落としを使い分けましょう。

 

「マスカラやリップが落ちないから、肌に負担をかけないメイク落としはちょっと使いづらい」と感じてしまう方も多いでしょう。しかし洗浄力の強いメイク落としを選ぶと、肌に負担をかけ続けてしまうことになります。

 

落ちづらいアイメイクやリップメイクは「ポイントメイクリムーバー」などのポイントメイク専用のメイク落としを使うことをオススメします。

 

濃いメイクを落ちづらいメイク落としで無理やり擦って落とすと肌に負担をかけてしまいます。

 

ある程度界面活性剤が多かったり、洗浄力が強くても部分的な使用であればそこまで影響は大きくありません。

 

それよりもメイクが残ったままになっている方が肌への負担が大きいので、濃い部分には落とす力の強いメイク落としを使うようにしておくといいでしょう。

 

敏感肌のメイク落としのコツ

 

メイク落としの種類によって正しい使い方は違いますが、敏感肌の場合はどの種類のメイク落としを使う時でも肌へのいたわりを忘れてはいけません。

 

肌に負担をかけないようにメイク落としを行うコツをご紹介します。

 

メイク落としは少し多めに使う

肌をこすらない為にメイク落としは多めに使いましょう。

 

メイク落としの量を少なめにしてしまうと、どうしても摩擦が起きやすくなってしまいます。

 

多くのメイク落としは500円玉大くらいといった目安量が書かれているのでそれに合わせて適量を使うことが基本です。

 

敏感肌の場合は摩擦をより防ぐために、気持ち多めに使ってもいいでしょう。

 

くれぐれももったいないからといって少な目に使うのはやめましょう。

 

指の腹を使って刺激を和らげる

メイク落としは指の腹部分を上手く使って肌の刺激を和らげましょう。

 

指を使ってメイク落としをするとある程度は刺激が起きますが、それを和らげるためには指の腹を使って優しく肌の上を滑らせるようにしてメイク落としを馴染ませることがポイントになります。

 

指の先だと肌に触れる面積が狭くなり、力が入り過ぎて摩擦が起きやすくなる可能性があります。

 

できるだけ指の腹で「優しくなでるように」を心がけながらメイク落としをしましょう。

 

すすぎは丁寧に少しずつ擦らないように注意して

肌に負担を掛けないようにすすぎの時にはこすらないように注してください。

 

すすぐ際はぬるま湯を使いましょう。「32〜35度」のぬるま湯がベストだと言われています。

 

肌に負担をかけてしまうので、絶対に熱湯は使わないでください。シャワーを直接かけるのもNGです。

 

すすぐ際は肌にぬるま湯をかけるようにして、できるだけ指が肌に触れる回数を減らしましょう。

 

大量のぬるま湯を一気につかってすすぐのではなく、少量のぬるま湯を何度もかけて落としていくことがポイントです。

 

「25回〜30回」くらいを目安にしっかりとすすいでください。

 

タオルの素材にも気を使ってみよう

ごわごわしたタオルだと、肌に負担をかけてしまいます。できればフワフワしたタオルを使いましょう。

 

オーガニックコットンや綿100%などの肌への刺激が少ない繊維のタオルがおすすめです。洗濯の時は良い柔軟剤を使ってタオルをフワフワにしておくといいでしょう。

 

そしてタオルは肌に少しずつ押し当てるようにして、擦らないように水気を取ることがポイントになります。

 

敏感肌におすすめのメイク落とし

敏感肌におすすめのメイク落としを紹介します。

 

どれも敏感肌さんに人気のアイテムなのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

Duo ザ クレンジングバームの特徴

敏感肌でも使える!W洗顔不要の新感覚のとろけるクレンジングバーム!

D.U.Oクレンジングバームは、初めは使い易いゲル状。それが肌にのせる「とろり」とろける新感覚のメイク落としです。

しっかりメイク落としと肌にやさしいを両立したメイク落として大人気な商品です。

31種類のエイジングケア成分がお肌の若々しさを生み出します。

モンドセレクションを連続受賞し高品質なアイテムです。

価格 1800円
評価 評価5
備考 初回:1800円(税別)

マナラ ホットクレンジングゲルの特徴

まるで美容液のようなホットクレンジング!

毎日、クレンジングしているのに、毛穴の黒ずみが消えないとお悩みの方に是非、使ってほしいメイク落としです。

メイク落とし+洗顔を一度に出来き、W洗顔不要なので忙しいあなたにピッタリです。

美容液のように美容液成分がたっぷり配合されているので、洗い上がりはおどろくほど潤います。

使い心地は、じわーと温かく癒される感じがします。

45日間の商品代金返品保証付なので満足できなければ返金してもらえます。

価格 2990円
評価 評価4.5
備考 初回:2990円(税込) 通常:4104円(税込)

アクセーヌ ミルキィクレンズアップの特徴

メイクと一緒に余分な角質もオフ。洗い上がりの肌は、もっちり柔らか。

乳液タイプで洗い上がりもしっかりと潤いをキープできるミルクタイプのメイク落としです。

角質除去作用のある成分が配合されているので角質が気になっているという方にもおすすめ。

マスカラなどもきちんと落ちるので肌に優しいのにメイク落ちの良さが注目されています。

価格 2800円
評価 評価4
備考 120g 2800円(税別

まとめ

 

敏感肌におすすめメイク落としについて解説しましたが、いかがでしょうか?

 

敏感肌に強い刺激のメイク落としを使い続けていると、肌トラブルがどんどん起きやすくなってしまいますし、改善も難しくなってしまいます。

 

メイク落としは基本的に毎日使うアイテムなので肌への負担をしっかりと意識して低刺激で摩擦が起きづらいものを選びましょう。

 

基本はジェル、クリームやミルクなどの肌負担が少ないものがオススメです。

 

オイルなどを検討する場合は配合されている成分やテクスチャーをチェックして肌への負担が少ないものを選びましょう。

 

関連ページ

美肌作りのためのメイク落としの方法
美肌作りのためのメイク落としの方法について説明します。
年齢に合わせたメイク落としの方法
年齢に合わせたメイク落としの方法について説明します。
小鼻の角栓を取り除く方法
小鼻の角栓を取り除く方法について説明します。
ニキビを少なくする方法
ニキビを少なくする方法について説明します。
シワやシミを防ぐ洗顔方法
シワやシミを防ぐ洗顔方法について説明します。