間違ったメイク落としとは

間違ったメイク落としとは

メイク落としは肌にメイク落としをなじませることで、効果を得る場合が多いのですが、なるべく優しく、肌に負担をかけないようになじませなければいけません。

 

ですが、強い力でなじませたり、ふき取りタイプのメイク落としを肌にこすりつけることで、肌への刺激となり、シミやそばかすを増やす原因となるのです。肌はこすられることで、その部分を守るために、メラニン色素が多く出てしまい、その部分だけ茶色くなってしまいます。

 

顔はシミやそばかすを極力避けたい部分ですから、肌に刺激を与えないように、優しくなじませる必要があります。ですが、優しくなじませ、メイクがきちんと落ちたかどうかも不安に思うかもしれません。

 

使っているメイク落としのクレンジング力によっても違いがありますが、どの程度なじませることでメイクが落ちるのかを毎日の使用によって見極めましょう。特にアイメイクや口紅などは落ちにくい部位とされていますから、ポイントクレンジングを利用することで顔の他の部分に負担をかけずにメイクを落とすことができます。

 

メイク落としを利用し、長時間マッサージをする人もいます。メイク落としは肌への負担が大きいため、マッサージのように長時間利用することは不向きです。できるだけ短時間でメイク落としを終わらせることができるようにしなければいけません。

 

洗い上がりしっとりタイプのメイク落としを使用すると、肌に油分を残してしまう事になります。そうなってしまうと、化粧水の浸透力を妨げることになってしまうので注意しましょう。

関連ページ

メイクが肌に残っていることで起こる事
メイクが肌に残っていることで起こる事を説明します。
メイク落としが肌に起こす悪い影響
メイク落としが肌に起こす悪い影響について説明します。
メイク落としの成分について
メイク落としの成分についてについて説明します。
ダブル洗顔のメリットとデメリット
ダブル洗顔のメリットとデメリットについて説明します。
化粧品の毒性成分とは
化粧品の毒性成分について説明します。