化粧品の毒性成分とは

化粧品の毒性成分とは

化粧品には毒性成分と呼ばれる成分が含まれている物がたくさんあります。

 

メイク落としも同じで毒性成分が含まれている物がたくさんあるのですが、毒性成分が少しでも少なく、肌への負担が少ない物を選ぶようにしなければいけません。

 

メイク落としの場合には毒性成分が3つ以上あると販売不可となっています。

 

洗剤などに含まれている合成界面活性剤もメイク落としには利用不可となっています。

 

メイク落としの毒性成分には防腐剤が一番多く、そのままにしておいたら腐ってしまったり、カビが生えてしまうため、入っていることを諦めるしか方法はないように思いますが、なるべくなら合成の物ではなく、植物由来の防腐剤を選ぶ方が良いでしょう。

 

クレンジング剤によって、配合されている成分が全く違いますから、1つずつ成分を確認することで、毒性成分が多いかどうかがわかると思います。毒性があると言われている成分であっても、毒性が低い物の場合、肌への影響はほとんどありませんので、成分について調べてみると良いでしょう。

 

敏感肌用のメイク落としや化粧品の場合、植物由来の物で作られているように思われがちですが、実際は植物由来の物はあまりありません。敏感肌対策の化粧品やメイク落としとしては、余分な物を一切入れずにつくられている物が多く、植物などは余分だと判断されているという事です。

 

必要性分だけを使用した敏感肌用であれば、効果は弱まりますが毒性が少ないものが多いでしょう。日持ちはしませんが、手作りのメイク落としや化粧品を利用すると、毒性がなく安心です。

関連ページ

メイクが肌に残っていることで起こる事
メイクが肌に残っていることで起こる事を説明します。
間違ったメイク落としとは
間違ったメイク落としについて説明します。
メイク落としが肌に起こす悪い影響
メイク落としが肌に起こす悪い影響について説明します。
メイク落としの成分について
メイク落としの成分についてについて説明します。
ダブル洗顔のメリットとデメリット
ダブル洗顔のメリットとデメリットについて説明します。