メイク落としの成分について

メイク落としの成分について

メイク落としには界面活性剤が含まれている物が多く存在します。界面活性剤にも種類があり、植物からできている界面活性剤もあれば、洗剤などに含まれている、合成界面活性剤もあります。

 

メイク落としの場合には、水と一緒に油分を洗い流すことができるタイプの界面活性剤が使われています。界面活性剤は、油と油を吸着させ、落とすという役割があります。界面活性剤を利用することで、余分な皮脂まで吸着してしまうため、肌に良くないと言われています。

 

メイク落としにはグリセリンなど、肌に水分を吸収させる成分が含まれている物も多いですし、植物の油などを利用している物も多く存在します。

 

メイク落としを選ぶ場合、天然成分でつくられているようなタイプのクレンジング剤を選ぶと、比較的肌への負担は少なくなります。

 

最近では、メイク落としを購入せず、オリーブオイルでメイク落としをするという人も増えています。界面活性剤が使われていないため肌に優しく、メイク落ちも良いと評判です。ですが、オリーブオイルは油そのものですから、かなりのべたつきとクセのある匂いが特徴です。

 

ダブル洗顔をしても、1度ではすっきりしませんが、慣れてくると、オイルのべたつきや匂いは気にならなくなると言われています。脂質肌の人にはお勧めできませんが、乾燥肌の人には良い方法ではないでしょうか。

 

オリーブオイルは水ではじくため、お風呂で利用することはできませんが濡れていない状態で利用すると、メイク落としの効果はかなり高いでしょう。

関連ページ

メイクが肌に残っていることで起こる事
メイクが肌に残っていることで起こる事を説明します。
間違ったメイク落としとは
間違ったメイク落としについて説明します。
メイク落としが肌に起こす悪い影響
メイク落としが肌に起こす悪い影響について説明します。
ダブル洗顔のメリットとデメリット
ダブル洗顔のメリットとデメリットについて説明します。
化粧品の毒性成分とは
化粧品の毒性成分について説明します。