メイク落としが肌に起こす悪い影響

メイク落としが肌に起こす悪い影響

メイク落としの成分は肌に良いとされる物ばかりではありません。

 

そのため、メイク落としを利用することで、強い成分のメイク落としの場合は特に、肌へ負担をかけてしまっているのです。メイクをすること自体、肌への負担が大きいのですから、クレンジングにより、メイクをしっかりと落とさないと、肌はどんどん年老いてしまいます。

 

クレンジング剤をしっかりとふき取ることや、洗い流すことも重要です。メイク落としには界面活性剤が含まれている物がとても多いのです。界面活性剤は、汚れと共に、皮膚の大切なうるおいまで奪ってしまい、皮膚の表面が壊されてしまうという危険性があります。

 

逆に界面活性剤の入っていないタイプのメイク落としを利用した場合、メイクが中々落ちず、何度もこすり、洗う事を繰り返すことにより、肌へのダメージは大きくなります。

 

ではどちらを選べば良いのかという事になりますが、界面活性剤の成分が少ないタイプの物をこすらずになじませ、数秒置いたうえで洗い流す。その方法が一番肌へ影響が少ない方法であるとされています。きちんとメイクオフをした後のスキンケアも忘れずに行うことで、肌のキメ細やかさが変わってくることでしょう。

 

オイルタイプのメイク落としは界面活性剤が多く含まれているため、良くないとされていますが、最近では、オイルクレンジングにより、大気に含まれるPM2.5を除去できることもわかってきています。

 

肌への負担が少ないタイプのメイク落としを利用し、肌の状態をあげるようにしましょう。

 

関連ページ

メイクが肌に残っていることで起こる事
メイクが肌に残っていることで起こる事を説明します。
間違ったメイク落としとは
間違ったメイク落としについて説明します。
メイク落としの成分について
メイク落としの成分についてについて説明します。
ダブル洗顔のメリットとデメリット
ダブル洗顔のメリットとデメリットについて説明します。
化粧品の毒性成分とは
化粧品の毒性成分について説明します。