メイク落としのデメリット

メイクが肌に残っていることで起こる事

メイク落としが不十分で、メイクが肌に残っていることで起こる一番多い現象は、老化です。

 

毛穴が詰まった状態により、新陳代謝が悪くなり、結果的に老化現象につながります。毎日のように、不十分なクレンジングを繰り返すことで、ニキビ肌などの慢性的なトラブルを引き起こすことにもなるのです。

 

特に小鼻の黒ずみに悩んでいる女性の場合、クレンジングを正しく行っていないことが原因である場合が多くあります。メイクや皮脂の汚れがしっかりと落ちていないために、毛穴が黒ずみ、汚れが蓄積されていくのです。

 

メイクをしていない日や、UVカットのみで外出した場合、メイク落としを使用しない人も多いのですが、外気によって、毛穴の中まで綺麗にできるのはメイク落としだけなのです。洗顔フォームでは、毛穴の中の皮脂まで落としきることは不可能です。

 

メイクが残ったままで、化粧水や乳液をつけたとしても、肌への吸収率は半減します。

 

毛穴が綺麗になっていなければ、肌の奥まで化粧水を浸透させることができないので、効果を十分にあげることができないのです。どんなに良いとされる化粧水や乳液を利用しても肌に吸収させることができなければ意味がないのです。

 

肌の状態を上げるためには、メイク落としにより、肌を綺麗にすることがとても大切なのです。毎日の継続により、肌のキメが整い、透明感も出てくることと思います。今まで適当なメイク落としをしていた人は特に念入りにメイク落としを行ってみてください。

関連ページ

間違ったメイク落としとは
間違ったメイク落としについて説明します。
メイク落としが肌に起こす悪い影響
メイク落としが肌に起こす悪い影響について説明します。
メイク落としの成分について
メイク落としの成分についてについて説明します。
ダブル洗顔のメリットとデメリット
ダブル洗顔のメリットとデメリットについて説明します。
化粧品の毒性成分とは
化粧品の毒性成分について説明します。