メイク落とし おすすめ

メイク落とし(化粧落とし)ランキングを紹介

 

毎日メイクをする女性にとって、メイク落としは毎日の日課のようなものです。

 

メイクを落としは、毛穴の奥まで詰まってしまったファンデーションや日焼け止めなどの成分を落とすもので、メイクだけではなく余分な皮脂や汚れも一緒に綺麗にする役割を持っています。

 

クレンジングを行い綺麗な肌にしておかないと、毛穴に詰まった汚れが原因で、ニキビや、肌荒れなどを起こしてしまいます。

 

特に若い世代は、夜遊びをすることも多く、メイクを落とさずに朝までいることも多いのですが、肌に汚れをため込んでしまうと、年を重ねた時にシミやシワの原因になりますし、毛穴の開きの原因にもなります。

 

メイク落としは、若い世代から正しい方法で継続することで、若々しい肌を持続できるので、あまり肌に敏感ではない若い世代であっても、メイク落としは非常に重要なのです。

 

 

 

メイク落としには種類が色々とあります。

 

種類によって、肌に負担が大きいけどメイクは良く落ちるもの、肌への刺激が少ないけどメイクの落ちはあまり良くないものなどいろいろとあります。

 

自分の肌質を知り、自分の肌質に合ったメイク落としを利用することで、肌への負担を最小限にすることができます。

 

種類によって違う、メイク落としの様々な方法を知ることで、キメ細やかさをアップさせ、肌質改善にも非常に効果があります。

 

メイク落としは肌に直接つけるものですから、肌への刺激が少なく、肌にダメージを与えるようなものではなく、肌にプラスになるように使い方や種類をきちんと確認しましょう。

 

メイク落としの口コミを見ると人気があるメイク落としがどのようなものかわかります。

 

人気があるタイプのメイク落としは肌への負担が少なく、天然成分で作られている物や、馴染ませるだけで簡単にメイクオフができるものが多数です。

 

そのような口コミを参考にしながら自分の肌質に合ったメイク落としを選んでみるのも良いでしょう。

 

メイク落とし(化粧落とし)ランキング

 
メイク落とし(化粧落とし)の人気アイテムをランキング形式で紹介します。

 

リダーマラボ・モイストゲルクレンジングの特徴

毛穴すっきりの1本で4役!W洗顔不要!

リダーマラボ・モイストゲルクレンジング は、「メイク落とし」、「洗顔」、「マッサージ」、「導入美容液」の4役を1本で行える便利なアイテムです。

濡れた手でも使え、洗顔も同時に行える「W洗顔不要」のクレンジングです。また、「マツエク」使用時も使えるタイプです。

洗い上がりは、美容液を使った後のようなみずみずしさを実現しています。

価格 2848円
評価 評価5
備考 初回:2848円(税別)

マナラ ホットクレンジングゲルの特徴

まるで美容液のようなホットクレンジング!

毎日、クレンジングしているのに、毛穴の黒ずみが消えないとお悩みの方に是非、使ってほしいメイク落としです。

メイク落とし+洗顔を一度に出来き、W洗顔不要なので忙しいあなたにピッタリです。

美容液のように美容液成分がたっぷり配合されているので、洗い上がりはおどろくほど潤います。  

使い心地は、じわーと温かく癒される感じがします。

45日間の商品代金返品保証付なので満足できなければ返金してもらえます。

価格 2990円
評価 評価4.5
備考 初回:2990円(税込) 通常:4104円(税込)

D.U.Oクレンジングバームの特徴

W洗顔不要の新感覚のとろけるクレンジングバーム!

D.U.Oクレンジングバームは、初めは使い易いゲル状。それが肌にのせる「とろり」とろける新感覚のメイク落としです。

しっかりメイク落としと肌にやさしいを両立したメイク落として大人気な商品です。

31種類のエイジングケア成分がお肌の若々しさを生み出します。

モンドセレクションを連続受賞し高品質なアイテムです。 

価格 1800円
評価 評価4.5
備考 初回:1800円(税別)

ファンケル・マイルドクレンジングオイルの特徴

ファンケルならではの無添加のメイク落とし!

オイルクレンジングの特徴である強い洗浄力をなのに、さっぱりメイク落としできる人気商品です。

ファンケルなので肌ストレスの原因となる防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・香料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素は使用していません。

メイク落とし後は、洗顔料でW洗顔が必要です。 

安心の定番アイテムです。

価格 980円
評価 評価3.5
備考 洗顔トライアル:980円(税込)

オルビス・クレンジングリキッドの特徴

11年連続オルビス売上NO.1

オルビス全化粧品中、売上No.1の座を守り続けているクレンジングリキッド。

高いクレンジング力と、ヌルつき、ベタつきのなさ、すすぎの早さなど”オイルカット”の良さを生かした処方が断トツの支持を集めています。  

価格 1440円
評価 評価3.5
備考 1440円(税込)
 

メイク落としの種類別特徴とは?

 

メイク落としには色々な種類のものがあります。「どれを選べばいいの?」と迷っている方も多いでしょう。

 

メイク落としは美しい肌をキープするためにとても重要なアイテムなので、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。

 

そこで今回は数あるメイク落としの特徴やオススメのポイントを徹底調査。その結果からどんな肌にどのメイク落としが合うのかを詳しくご紹介していきます!

 

肌質や普段のメイクに合わせてメイク落としを選んで、美肌を目指しましょう!

 

シートタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

シートタイプのメイク落としは、手軽で簡単に早くメイクが落とせるというメリットがあります。

 

 

しかし、その便利さに反して、擦って落とすことによる肌への刺激がデメリットになっています。

 

毎日使うのはNG。出先や旅行先で使用するアイテムとして活用しましょう

シートタイプのメイク落としは、肌を過剰に擦ってしまうことになります。

 

毎日使い続けていると、赤みが出てしまったり、色素沈着やシミの原因になる可能性があります。

 

そのため日常的に使うアイテムではなく、出先や旅行先などでメイク落としを持っていけない場合などに使用することをオススメします。

 

コンパクトでポーチにさっと入れることもできるので、持ち運びやすく便利なのでお出かけの際には重宝します。

 

メイク落としシートのおすすめ!特徴や注意点、正しい使い方やコツ!

 

クリームタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

クリームタイプのメイク落としは、肌に優しいメイク落としです。

クリームが指と肌との間のクッション材のような役割をしてくれるので、肌への刺激はあまり有りません。

 

また、洗浄力は比較的に弱く、肌に必要な皮脂などを取り過ぎないので、肌へのダメージを抑えることができます。

 

ただ、その分濃いメイクは落ちづらいというデメリットもあります。

 

乾燥肌や年齢肌でメイクが薄めの方にオススメ

乾燥肌でメイク落としをすると顔が乾燥してしまう…。という悩みを持っている方は、メイク落としが肌の油分を奪ってしまっている可能性があります。

 

クリームタイプのメイク落としは洗浄力が強すぎず、美容成分を含んだ商品も多く、肌の乾燥を抑えてしっとりとした洗い上がりです。

 

濃いメイクやアイメイクは落ちづらいのでナチュラルメイクの時に使用したり、全体はクリームタイプのメイク落としを使い、アイメイクは濃いメイクも落とせる強いものを使うといったように使い分けることもオススメです。

 

メイク落としクリームのおすすめ!特徴や正しい使い方やコツ!

 

ジェルタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

ジェルタイプのメイク落としはオイルやリキッドに比べると肌に優しいメイク落としです。

 

 

クリームタイプよりもメイクを落とす力が強く、中間的な化粧落としと言えます。

 

肌への優しさも、メイク落ちの良さも重視したい方にオススメ

ジェルタイプのメイク落としは、肌への刺激・メイク落ちの良さを他のメイク落としと比較するとちょうど真ん中くらいになります。

 

ジェルが肌への摩擦を抑えてくれますし、メイク落ちも比較的悪くはありません。

 

クリームタイプなどの肌への刺激が弱いものを使うとメイク残りが気になってしまうという方や、ちゃんと落としたいけど肌への刺激も気になるという方にオススメです。

 

ホットクレンジングジェルも人気

ジェルタイプのメイク落としの中には塗ると暖かくなり、よりメイクを落とし易くなっている「ホットクレンジングジェル」と呼ばれている種類のものがあります。

 

毛穴汚れ等が気になる方に人気で、肌への刺激も比較的少ないのでオススメです。

 

メイク落としジェルのおすすめ!特徴や使い方やコツ!

 

オイルタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

オイルタイプのメイク落としは洗浄力が最も強いアイテムです。

 

 

メイクなどの汚れを油分が肌から浮かせて、しっかりと落としてくれます。

 

その分、肌への負担が大きいのが難点です。

 

メイクが濃い方にオススメ

ベースメイクもポイントメイクもしっかりと濃い目に塗っているという方の場合は、落とす力が弱いものを使うとどうしてもメイクが残ってしまい、肌トラブルの原因になってしまいます。

 

メイクが濃い場合は、オイルタイプのメイク落としをを使いましょう。

 

濃いメイクの時や日焼け止めを使用した場合に使用する

オイルタイプの日焼け止めはしっかりとメイクを落とせる分、肌への刺激も大きくなります。

 

そのため、普段は肌への刺激が弱いジェルやミルク、クリームなどのメイク落としを使用して、濃いメイクをしたときや日焼け止めを塗ったときだけ使用するという方法もオススメです。

 

普段は肌への刺激を気にして低刺激のものを使っている方でも、「日焼け止めを塗った」「特別に濃いメイクにした」という時はしっかりとメイクを落とすためにオイルタイプのメイク落としを活用するとよいでしょう。

 

メイク落としオイルのおすすめ!特徴や注意点、正しい使い方やコツ!

 

ミルクタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

ミルクタイプのメイク落としは、最も肌への刺激がない言われています。

 

 

その分メイクを落とす力が弱いので、濃いメイクを落とすのにはあまり向いていません。

 

敏感肌・乾燥肌の方にオススメ

ミルクタイプのメイク落としは低刺激なので、敏感肌の方には特にオススメです。

 

オイルタイプなどメイク落ちが良いものを使うと乾燥してしまうという方にもオススメです。

 

ナチュラルメイクの方に最適

メイクを落とす力はあまり強くありませんが、薄めのメイクならちゃんと落とせます。

 

普段からあまりベースメイクを重ねて塗らないという方など比較的ナチュラルメイクの方にはぴったり。

 

低刺激なので毎日使っても肌への負担が気にならないというメリットがあります。

 

メイク落としミルクのおすすめ!特徴や注意点、正しい使い方やコツ!

 

リキッドタイプのメイク落とし(化粧落とし)

 

リキッドタイプのメイク落としはさっぱりとした洗い上がりになるものが多く、ふき取り化粧水として使用できるものもあります。

 

 

メイク落ちの良さ・肌への刺激共にオイルタイプのメイク落としの次に強いと言われています。

 

脂性肌の方にオススメ

さっぱりとした洗い上がりになるので、油分の多い脂性肌の方に最適です。

 

オイルやクリームなど油分の多いメイク落としを使うとどうしてもベタついてしまうという方には特にオススメです。

 

夏のメイク落としにもピッタリ

普段は別のメイク落としを使っているという方でも、夏場はべたつきが気になることが多くなります。

 

そのため、夏だけリキッドタイプのメイク落としを使って肌をさっぱりさせているという方も多いです。

 

肌の状態は季節によっても変わるので、夏場の肌のべたつきが気になる方や、いつものメイク落としでは違和感を感じるという方は時期に合わせてメイク落としを使い分けるのもオススメです。

 

メイク落としリキッドのおすすめ!特徴や注意点、正しい使い方やコツ!

 

肌質やメイクの濃さによって使い分けましょう!

 

メイク落としは、メイクを落とす力が強ければ強いほど肌への刺激は強くなり、メイクが落ちづらいものほど肌への刺激は弱くなります。

 

今回ご紹介したメイク落としを種類別にメイクを落とす力が強く、肌への刺激が強いものから順に並べると以下のようになります。

 

 

シートタイプはシートに含まれているメイク落としの成分によって肌への刺激やメイク落ちの強さが変わります。

 

しかし、擦ることで肌へのダメージがどうしても大きくなってしまうので、毎日使用するものではなく、非常時に使用するものと考えておくといいでしょう。

 

普段使いのメイク落としは今回ご紹介した特徴から「肌質」「メイクの濃さ」に合わせて選ぶことをオススメしま.
す。

 

場合によっては使い分けながら、肌の健康を保つために自分に合ったメイク落としを選びましょう。